建売住宅が欲しいけれど初めてなので不安がある?そんな方にちょっとした知識を教えます!

建売住宅が欲しい場合、基本的な知識としてはやはり比較することが重要になります。建築会社を比較するのではなく、その住宅そのものを他の所と比較することにより、いろいろなことがわかるかもしれません。比べることにより分かる事は金額の違いになります。安い方が良いかといえばそうではなく、安いにはそれなりの理由があることも理解しておかなければいけません。後は場所の違いと言うのもとても大事になるため、その部分に関してもよく精査することが大事になります。

目次
  1. 建売住宅が欲しいけれど初めてなので不安がある?そんな方にちょっとした知識を教えます!
    1. そもそも建売住宅って何?注文住宅との違いから理解しよう!
    2. ややこしい?建売住宅と戸建分譲住宅との違いも教えます!
    3. 住まいを安く手に入れたい!そんな方は建売住宅と分譲住宅どちらを選ぶべき?
    4. 建売住宅?分譲住宅?それとも注文住宅?将来的に住まい高く売却するならどれが有利?
    5. 宣伝広告の内容だけで判断しない!建売住宅の価格は諸経費までしっかり確認を!
    6. 建売住宅のオプション工事はどこまで可能?自分たちが暮らしやすい住まいにカスタマイズ!
    7. 未完成のままで建売住宅を購入してはダメ!その理由とは?
    8. その建売住宅メーカーは大丈夫?購入する前に必ず販売実績や経営状態をチェック!
    9. やっぱり安心安全が第一!建売住宅を購入するなら構造計算を必ず確認!
    10. 売り主は住宅メーカー?それとも不動産仲介会社?責任の所在が明確な建売住宅を選べ!
    11. 購入すればそれで終わりではない!アフターサポートが充実した建売住宅メーカーを選べ!
    12. 建物だけで判断しない!建売住宅は土地の形状や地盤のチェックも忘れるな!
    13. 欠陥住宅が心配?建売住宅の品質はここを見極めろ!
    14. デザインや価格だけで選んでいませんか?建売住宅も周辺環境のチェックを怠るな!
    15. 大手ハウスメーカーの建売を購入するメリット
    16. 建売住宅を購入した後に受けられるアフターメンテ
    17. 設計の自由度が低い建売にはメリットもある
    18. 建売住宅はマイホームを安く手に入れることを可能にします
    19. 建売住宅の購入でローンを組む場合の考え方

建売住宅が欲しいけれど初めてなので不安がある?そんな方にちょっとした知識を教えます!

建て売り住宅を手に入れる前には、どのような知識が必要でしょうか。
基本的に建売住宅は、場所によって随分と異なります。
場所と言うのは、例えば高台にある場合と低いところにある所では水害などの死骸の実情が全く異なるでしょう。
低いところに水が流れやすいため、普段は皮が近くになかったとしても水が溜まることにより1階部分が水没する可能性も否定できません。

後は金額の違いになりますが、建売住宅は一見して同じような作りにもかからず違いがあることも認識すべきです。

そもそも建売住宅って何?注文住宅との違いから理解しよう!

これからマイホームを購入しようと考えている人は、建売住宅か注文住宅どちらを購入するか悩んでいる人が多いです。
まずは、二つの違いを理解する事から始める事が大切です。
建売住宅は、住宅の売主と売買契約を結んで土地付き建物を購入する事が建売住宅です。
簡単に言うと建売住宅は、すでに建っている住宅を選ぶ事なので家のデザインを自由に自分で考える必要は、ありません。


自分の思い通りの部屋数や好みの間取りなどがある場合は、注文住宅を建てる事をおススメします。
建築会社や、自分の好きな場所に家を建てる事が出来るので最近、人気があります。
家の間取りや外装、内装を自分で選べるところに魅力を感じますが、理想の家を建てられる代わりに購入価格が高くなる可能性もあります。


インターネットを検索すれば、どちらの住宅が良いのか徹底比較しているサイトもあるので口コミ情報をチェックしながら自分に、合った住宅を慎重に検討する事が大切です。

ややこしい?建売住宅と戸建分譲住宅との違いも教えます!

これから新築で戸建住宅の購入を考えている方の中には、建売住宅と戸建分譲住宅を比べ、その特徴の違いについて戸惑っているケースもあるのではないでしょうか。
まず建売住宅とは既に完成済み、もしくは完成へ向けて建築中の住まいを指します。
このタイプの住宅は、土地と一体として売り出される点に、大きな特徴があります。
実は戸建分譲住宅もこの点では同じですが、あらかじめ区画化された分譲地に幾つもの住宅を建築し、完成した複数の物件を一括同時に販売する点に、建売住宅との違いがあります。
どちらも土地と一体なので、注文住宅などと比べて購入手続きがシンプルな上、住宅ローンを組みやすいなど資金計画も立てやすい点に、メリットがあると言えます。
ただし建築コストの安さを比較すると、どちらかといえば分譲住宅の方が有利かもしれません。
というのも、分譲住宅はあらかじめ区画化された規模の大きい土地上に幾つもの住宅を建設するため、資材の一括大量仕入れや、デザインや構造などの規格化や類似化によって人件費や工期短縮化が可能になることで、建築コストを低く抑える傾向があるためです。
もちろんその分だけ販売価格帯も、安くなると言えるでしょう。

住まいを安く手に入れたい!そんな方は建売住宅と分譲住宅どちらを選ぶべき?

住宅には建売住宅と呼ばれるものと分譲住宅と呼ばれるものがありますが、呼び方が違うだけで中身は同じということはありません。
とにかく価格重視でより安く住宅を購入したいという明確な基準を持っている人なら、分譲住宅を選ぶ方が得だと言えます。
建売と分譲との違いは、建売住宅は一軒を単独で販売するのに対して、分譲住宅は大きな土地を分割して数戸から数十戸まとめて販売するという点に違いがあります。
分譲はよく似たタイプの住宅をまとめて建築することになるので、必要になる資材の多くが共通しています。
つまり、同じ資材を大量に発注することになるので、安く調達することができます。
その結果、一軒ごとの単価を下げることができるので割安な価格の実現が可能になっています。
建売住宅の場合は、一軒ごとの建築になるため分譲に比べると単価は高くなる傾向があります。
とにかく安い方がいいという人には、分譲の方が割安で購入できるのでおすすめです。

建売住宅?分譲住宅?それとも注文住宅?将来的に住まい高く売却するならどれが有利?

借家ではなく自分に所有権がある家が欲しいと考えたとき、いろいろな選択肢があります。
建売住宅と分譲住宅、そして注文住宅が主な選択肢です。
用意できる資金によって選択肢の幅は変化しますが、基本的にはどのタイプの住宅を購入したとしても理想に近い生活ができます。
しかし、ある程度生活したあとに購入した家を売却する事例もあります。
家族構成の変化などによって別の住居に引っ越す可能性があるからです。
なるべく高額で売却したいとき、どのタイプの家を買うとよいのでしょうか。
いろいろな条件が影響するので簡単に結論は出せませんが、建築からあまり時間が経過していないなら分譲住宅が一番売りやすいかもしれません。
最寄り駅へのアクセスがよいなど、立地がよい物件が多いためです。
次に高額になりやすいのは建売住宅で、これは無難な間取りで構成されている例が多いため少々高額でも購入希望者がいます。
最後に注文住宅は、間取りや設備に個性が強すぎると不利になるかもしれません。

宣伝広告の内容だけで判断しない!建売住宅の価格は諸経費までしっかり確認を!

新築のマイホームが欲しいけれど、できれば購入費用を安く抑えたい、こんな方もいるはず。
建売住宅であれば、そんなニーズにも十分に応えることが期待できます。
実際に建売住宅の多くは、注文住宅などと比べて、手頃な価格帯で販売されているのが一般的です。
これは完成済みの建物を土地と一体で販売する、建売住宅ならではの強みと言えます。
大手住宅メーカーを中心に、規格化された住宅を大量に生産かつ供給できる仕組みを持つことで、価格帯を低く抑えることを可能にしています。
ただし折込チラシやインターネットサイトの宣伝広告だけ見て、価格の安さに惹かれて決めてしまうのは禁物です。
物件によっては必要最低限の基本的な部分だけの価格であったり、諸経費やオプション価格が明示されていないケースも、決して珍しくないからです。
そのため安いと思って申し込んだら、次々と足りない部分が判明して、結果的に追加オプションの費用や諸経費などによって、予算オーバーしてしまったということも。
特に室内のカーテンレールや網戸、屋外ではエアコンの配管部分などは、このケースが目立ちます。

建売住宅のオプション工事はどこまで可能?自分たちが暮らしやすい住まいにカスタマイズ!

建売住宅は、建設前に販売がスタートするものや建設途中もしくは完成してから販売が始まるものなど色々なケースがあります。
完成している場合はそのままの状態で家を購入しなければなりませんが、建設途中ならある程度の仕様変更に応じてくれることもありますし、更地になっているときから売り出されるものはオプションが用意してあり、その中から希望の設備や仕様などを選択してカスタマイズができるケースもしくなくありません。
オプションを追加することで価格は上昇しますが、現状のシステムキッチンではなくグレードが高いものが良いなどの場合は、多少金額がアップしても好みの設備を使った方が後々の満足感が高まります。
なお、建売工事のオプション工事は外壁の色や内装のクロスデザイン、床材や建具などのバリエーション、設備のカラーやグレードなど限られたものです。
家の仕様が決まっているので大幅な変更はできませんが好みの色やデザインを選べるメリットを持ちます。

未完成のままで建売住宅を購入してはダメ!その理由とは?

建築途中の建売住宅は、プランや仕様の変更が難しいこと、入居までの時間を要すること、それと完成後のイメージがしにくいなどのデメリットがあります。
ちなみに、入居までの時間がかかる点と完成後のイメージがしにくい点は着工前に販売がスタートする建売住宅と同じデメリットを持ちますが、プランや仕様の変更は着工前なら可能です。
完成している場合は、家を見て購入すべきか否かを決めることができる点や入居までの期間が短いなどのメリットがあるけれども、エクステリアなどを含め完成しているためプランや仕様の変更はできません。
ただ、完成しているものは目で見て良し悪しが判断できるなどからも、建売住宅を買うのは完成している物件が一般的とされます。
それと、未完成の場合は基礎工事など終わっていると基礎部分の作業における手抜きなどが行われている可能性がある、着工前に購入して定期的に建設現場に訪れることで手抜き工事がしにくくなる完成度が高い家を建てて貰えるメリットもあるのではないでしょうか。

その建売住宅メーカーは大丈夫?購入する前に必ず販売実績や経営状態をチェック!

これから新しい住まいを建売住宅で手に入れようと考えている方の中には、どんな住宅メーカーの会社に相談すべきか、あるいはその会社の商品なら信頼できのか、何かと不安や迷いを抱えているケースもあるのではないでしょうか。
そんな方が建売住宅を購入する前に知っておきたいのが、業者選びのポイントです。
まず売り主が誰なのか、しっかり見極めること。
住宅メーカーが直接販売しているのか、あるいは不動産の仲介会社なのか、売り主が明確でないと万が一の際に責任の主体が曖昧になって、結果的に大きな損失を被ることにもなりかねません。
さらに同時にチェックしたいのが、その会社の過去の実績や経験そして経営状態です。
これまでにどのような住宅をどのような方法で販売してきたのか、購入者や周辺住民とのトラブルはなかったか、経営状態は健全なのか等、できるだけ詳しく調べることが肝心です。
これを知っておけば、欠陥住宅や倒産といったリスクも未然に回避することが期待できます。

やっぱり安心安全が第一!建売住宅を購入するなら構造計算を必ず確認!

建売住宅は完成している家を見て買うのが一般的ですが、住んでから家が傾いたなどのトラブルもあるので購入においては慎重さが求められます。
ベストは、購入するときに専門家に付き添って貰い家の良し悪しを確認することですが、費用も掛かるしどのような会社に依頼するのが良いのか分からないなど利用される人はそれほど多くはありません。
家が傾くなどは構造的に問題があるから、基礎をしっかり作り必要な箇所に耐力壁・柱・梁などを設ける、一つひとつをしっかり作りことで傾きなどの最悪ともいえるトラブルを回避できます。
建売住宅では、専門的な知識を持つ人による構造計算適合性判定を依頼することで安心して買うことができる家であるのか否かが分かるといいます。
専門家に確認を依頼することで地震の揺れに強い家になっているのか分かる、購入して生活を始めたときから安心できるメリットへと導きます。
家は生涯の中で最も高い買い物になるので、建売住宅の検討をされる人は注意が必要です。

売り主は住宅メーカー?それとも不動産仲介会社?責任の所在が明確な建売住宅を選べ!

建売住宅は、販売会社を見つけて家の見学をするケースと仲介会社に希望を伝え、現在販売している新築住宅の中から 希望に合う物件を探して見学するケースの2つが考えられます。
責任の所在は建売住宅を購入してトラブルが発生したときに必要なので、家を買うときにはこれを明確にしている物件を選ぶことが重要です。
売主は、自社で建築した新築住宅を直接販売するケースです。
売主自ら営業活動を行う必要があるため、ある程度の規模を持つ不動産会社が売主になっているケースです。
一方、仲介はこのような会社から依頼を受けて代理もしくは媒介により売るものです。
なお、住んでから色々な不具合が生じたとき、仲介を利用して購入している場合は販売会社ではなく仲介者に相談するのが一般的ですが、直接売り出されている場合はその売主となる住宅メーカーに対して相談するのが一般的な考え方です。
いずれも責任の所在が明確になっているものを選ぶことは購入する側の最低限の防御といえましょう。

購入すればそれで終わりではない!アフターサポートが充実した建売住宅メーカーを選べ!

建売住宅とはハウスメーカーが選択した土地に、そのメーカーが予め定めたプランで建築された建物を指します。
複数ある物件の中から自らや家族の理想に近い物件を選び、納得できれば売買契約を成立させる方法となっています。
もちろん建築地や間取り等に外観も含むプランや、生活上の利便性に住環境もまずは重要な課題となります。
住宅展示場であれば同一の場所で複数物件を見学できますが、建売住宅は複数の場所に建てられているため労力は決して少ないものではありません。
それでも金額や条件面で満足のいく建物が見つかれば、晴れて契約を締結する作業へと進めるのです。
しかし、忘れてはならないのが注文住宅とは異なり、建築途中の建物の確認が一切できていないという事です。
それは、入居後の新生活を送る中でも信頼できるメーカーであるか、その差が自らの安心感に大きな影響を及ぼすのです。
建売住宅を販売するメーカーを評価する基準には、充実したアフターサポート体制が取れているかもあります。
万一予期せぬ事態が発生しても対応してくれる、それが安心して生活を送れる基本ともなります。

建物だけで判断しない!建売住宅は土地の形状や地盤のチェックも忘れるな!

今は建売住宅が色々な地域に建てられ売られています。
ですが住宅を建てるのだから安全とは限らない事を理解しておいた方が良いでしょう。
そもそも昔から住んでいる地元の住民は、地盤が危ない場所には住んだりしませんね。
建売の土地の形状にも注意が必要になります。
それらを調べるには、自治体などで公開している古い地図を見るとよく分かります。
昔は川や沼だった場所を埋め立てた所は、万が一大地震があった際に地盤沈下や液状化しやすいなどデメリットがありますし、山の近くならば長雨や最近増えている豪雨で水分を多く含んだ場合には山崩れという災害が、可能性が大きくはないにしろ、少なからずあるという事を頭の片隅に入れておかなければなりません。
耳にされている方も居るかと思いますが、地盤が安全とされる自衛隊基地の側は自衛隊機の発着訓練時に騒音対策が必要になりますが、そういった土地の建売の窓は騒音対策として窓が二重になっていたり工夫されていますね。
建売を検討している方は、是非自治体が公開している古い地図でその地域の安全性を確認する事をお薦め致します。

欠陥住宅が心配?建売住宅の品質はここを見極めろ!

建売住宅で心配な点として挙げられるのが品質です。
中には質の悪いものを販売している会社もあるため、建売住宅を買う際には、きちんと品質をチェックしてから購入することが重要となります。
チェックしたいポイントは、外構などが挙げられます。
フェンスが老朽化している、ブロック塀にひび割れ・歪みがある、駐車場の土間にひび割れがあるという場合には、質が悪い住宅と言えます。
外構・基礎も確認したい部分で、ひび割れがないかを確認します。
一般的に0.3mm以上のひびがあると、構造に影響があると言われています。
ひびから雨水が入ってくるなどのトラブルが考えられます。
バルコニーや屋根の確認方法は、接続部分に隙間がないか、雨樋に詰まりがないかなどが見たいポイントです。
隙間があると雨水が入って雨漏りにつながります。
また、雨樋が詰まっていると建物内に水が入ってくる可能性もあります。
室内は水回り、傾きがないかなどを確認すると、質が良いのか悪いのかがわかります。

デザインや価格だけで選んでいませんか?建売住宅も周辺環境のチェックを怠るな!

一戸建ての家を購入するというのは、決して安い買い物ではないので洋服の様にデザインや価格だけで簡単には決められないです。
建売住宅は確かにお洒落な外見や内装の物が多く、地域によっては価格帯も高額では無いものもあります。
ですが、デザインと価格だけで決めて購入し、実際に住んでみて後悔するというのは珍しくありません。
購入を決める前に周辺環境をしっかりと調べる必要があります。
例えば主要道路とその交通量、お子さんが居る家庭ならば公園は歩いて行ける距離なのか、幼稚園や保育園、小学校等の位置。
そしてスーパーやショッピングモールなど普段の買い物が出来るお店までの距離などは事前に調べておかないと、住んでから後悔しても遅いのです。
地域によりますが、地元の方が多く住んでいる地区の場合は建売住宅がどの辺りに建てられるのか、実際に現地に行って周辺の方と会話を交わせるとどんな方なのか知る事が出来るのでお薦めします。
設計から関われない建売住宅だからこそ、周辺環境は購入を決断する際には大切にして頂くと良いです。

大手ハウスメーカーの建売を購入するメリット

大手ハウスメーカーの建売を購入する場合のメリットでもっとも大きいのは、安く手に入ることです。
大手は材料等も一括で大量に仕入れており、自社で全ての工程を行っていることも少なくありません。
余分なコストをカットすることで家の販売価格が安くなり、手に入りやすい価格帯になります。
建売は元々手ごろですが、コスト削減するために工夫をしているハウスメーカーなら更にお得に購入することが可能です。
また、契約してから入居までが非常に短期間で行えることも見逃せません。
購入の手続きや金銭に関わる流れが整えられていて、シンプルな手順で終わるように工夫されています。
早く入居したいと考えている人には建売の方が向いており、完成した住宅は土地とセットで販売されていますので、見学すれば購入後の生活もイメージしやすくなっています。
間取り等も確認でき、見学をすれば生活動線や日当たり等もチェックできるため、すぐに入居を決められるのが建売の魅力です。

建売住宅を購入した後に受けられるアフターメンテ

建売住宅を購入すると、ハウスメーカーや工務店により基本的な部分のアフターメンテを受けられます。
これはハウスメーカーや工務店が独自に提供しているサービスであり、構造耐力主要な部分や雨漏りに関しては全ての事業者が行っているものですが、対象や期間は様々です。
家を購入したら不具合が発生した時のことも考えてしまいますし、修理が必要になった時に無償で受けられるサービスがあれば非常に心強く感じます。
構造耐力上主要な部分と雨漏りの部分は法律で10年間は保証するように義務付けられています。
これだけなら他社との差はありませんが、長期無料保証等のサービスを行っている場合には優良な事業者と言えそうです。
ただし、全てのメーカーが対応しているものではありませんので、建売住宅を購入する時にはその内容をしっかりと確認することが大切です。
家は住んでいるうちに段々と不具合が発生するものであり、いざという時に依頼できれば安心して暮せます。

設計の自由度が低い建売にはメリットもある

設計の自由度が低いことで、建売は敬遠されることもあります。
確かに設計に関しては既に決められていたり建築が完了しているものばかりですので、選ぶことができません。
ただし、中にはいくつかの候補から選択できるようになっているケースもあり、これから建てる家を売り出している時には好みに近づけるチャンスがあります。
建築が完了していたら手を加えることができませんので、好みの間取りやつくりになっていることを確認してから購入することになります。
自由度の低さは気になるかもしれませんが、建売なら家を手に入れたいと考え始めてから入居までの期間がとても短くなり、急いでいる時でもスムーズに家探しを行えるのがメリットです。
予算も抑えることができ、土地と建物がセットで販売されているために手ごろな価格で家を購入できます。
家は非常に大きな買い物ですので、予算面で躓くことも多く、予算内に収めるための選択肢としても建売はおすすめです。

建売住宅はマイホームを安く手に入れることを可能にします

新築住宅を購入しようとしている方の中には、注文住宅では予算オーバーになることから断念してしまったり、予算内で建築をするには希望を反映させることが難しい問題が出てしまうことは少なくはありません。
この場合では建売住宅から探す方法がベストになり、念願のマイホームを安く手に入れるには最適な選択肢ではないでしょうか。
建売住宅に関しては、地域の工務店やハウスメーカーが住宅街に建築をしたり、住宅街事態を作り出して建売住宅として販売をしています。
決して安価な買い物ではありませんが、建売住宅の中には新築から半年以上が経過していても売れずに残っている住宅も探すことができ、インターネット上からでも物件探しは行えます。
売れ残りと言えばマイホームにするには不向きな言葉になりますが、注文住宅よりも確実に安く手に入れることができる分、後からのリフォーム費用の予算を増やせる可能性もあるので、探してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

建売住宅の購入でローンを組む場合の考え方

建売住宅の購入でローンを組む場合の考え方はとてもシンプルです。
注文住宅なら建物と土地の両方を考えて計画を立てなければなりませんが、建売なら販売価格だけを考慮すれば良いので計画を立てやすくなります。
ローンの手続きを行う時には既に建物が完成しているのでローンを組みやすいですし、家賃と住宅ローンの支払いが重ならないように上手く調整できます。
ですから、基本的には建売の場合にはそれほど気を付ける点はありませんが、融資を受ける額は月々の返済を考えて無理のない範囲で利用することが大切です。
タイミングですが、物件の選定後に見学を終えて確認を済ませ、重要事項説明を経て申し込みとなります。
申込金として10万円程度が必要になりますが、これは注文住宅と比べるとっても小さな額ですので、利用しやすい理由の一つとも言えます。
売買契約締結時に手付金を支払い、残金決済及び引渡しの段階で住宅ローンの融資が実行されるという流れです。

建売に関する情報サイト
建売住宅の豆知識

建売住宅が欲しい場合、基本的な知識としてはやはり比較することが重要になります。建築会社を比較するのではなく、その住宅そのものを他の所と比較することにより、いろいろなことがわかるかもしれません。比べることにより分かる事は金額の違いになります。安い方が良いかといえばそうではなく、安いにはそれなりの理由があることも理解しておかなければいけません。後は場所の違いと言うのもとても大事になるため、その部分に関してもよく精査することが大事になります。

Search

更新情報